骨董品の買取を利用してみました

宅配の買取に出して引き取ってもらう

そこでもっとも簡単に挑戦できる宅配での買取を選択したのです。
ちょうど押入れにあったダンボールをいくつも用意して、次々に骨董品を詰め込んでいきます。
中には陶器や箱入りのものもあったため、もしかしたら価値がつくかもしれないと思わず慎重になってしまいました。
陶器はできるだけダメージを受けないように新聞紙などで包み、箱入りのものは揺れないようにしっかりと詰め込みました。
集荷を頼んでいた宅配便の業者さんがダンボールを引き取っていくと、あとは査定の結果を待つだけです。
親戚の中には祖父のコレクションが高額になると予想していた人もいましたが、品物を見た限りではとてもそんな気になれなかったというのが素直な気持ちです。
素人が管理していただけあって汚れもついていましたし、いつの時代のものなのか判らないものもたくさんありました。
そんな骨董品達が高額になるとはまったく予想しておらず、ただお店に引き取ってもらって次の持ち主のもとへと縁を繋いでもらえればいいなといった気分だったのです。
もともと押入れの中に眠っていたものですし、価値がつかなかったとしても文句はありません。

祖父の骨董品コレクションはどう処分するか | 宅配の買取に出して引き取ってもらう | プロの目から見たら価値のある品物だった

骨董品の買い取り / 骨董品の高価買取・査定なら